初任者研修の資格を取れば仕事でも現実でも役立つ!短期でも取得可

介護業界の入門的資格が介護職員初任者研修

お年寄りと話す介護士

介護の仕事は人の生命や安全に関わる仕事ですので、仕事を行う場合に特定の国家資格が必要になってくる場合もあります。例えば、介護業界で介護士として働く場合、仕事内容によっては介護職員初任者研修といった資格が必要です。基本的に、資格がない人は高齢者への身体的介助を業務として行えないので、介護事業所でもその資格を持っている人はよく優遇されます。そして、介護業界で働く人にとって入門的な資格となっているのが、介護職員初任者研修です。

初任者研修ではその名の通り、初任者が備えておくと良い知識を学べる研修となっています。研修は一日だけで終わるものではなく、受講時間の規定が130時間あります。130時間の受講を終えた後に、最終試験に合格することで取得出来ます。職務の理解から始まり、介護の基本や認知症高齢者への理解や、コミュニケーション技術など総合的に学べるのが魅力です。また、介護事業所で働かない人に役立つだけではなく、親の介護をこれからすることになる人にとっても役立つ知識が身につきます。現在は色々な資格教室でその介護職員初任者研修を取り扱っていますので、介護業界を目指す人は資格教室を活用して勉強していきましょう。

headline

pick up

2020年11月06日
お得に介護職員初任者研修を取得する方法を更新しました。
2020年11月06日
介護業界の入門的資格が介護職員初任者研修を更新しました。
2020年11月06日
初任者研修の資格は比較的短期間で取得できるを更新しました。
2020年11月06日
介護業界で役立つ初任者研修資格を更新しました。