初任者研修の資格を取れば仕事でも現実でも役立つ!短期でも取得可

自分に合った資格教室で初任者研修の資格を取ろう

車いすの男性と介護士

老人ホームやデイサービスなどさまざまな施設で必要とされている介護職は、勤務地が日本全国にあるほか中高年であっても働くことができるというメリットがあります。そのためこれから手に職を付けたいという場合には介護関係がおすすめです。中でも初任者研修は、未経験から取得を目指すことができる入門資格であるため、手始めに勉強をするのに向いています。資格教室で講座を受講し、全てのカリキュラムを修了すると証明書が発行されます。そうすれば初任者研修の有資格者として履歴書に記載ができるようになり、転職活動に役立てることができるでしょう。
資格の教室では通信講座と、全て通学の講座があります。通信講座であっても初任者研修の資格取得のためには実技が必要であるため、カリキュラムの大部分は通学して受講しなくてはなりません。平日の昼間に開講されている教室は、比較的短期間で集中して資格取得を目指したい人に向いています。また週末に行われている講座は仕事をしながら資格取得を目指したい人におすすめです。また早く資格を取って仕事に就く必要がある場合には、通信と通学を併用する最短で取得を目指せるものが良いかも知れません。それぞれ自分に合ったコースを利用すると良いでしょう。

初任者研修の資格があれば必要とされる人材になれる

今後益々の高齢化が進むことが予測されるなか、介護スキルを身につけた人材というものは、不足することはあっても有り余ることはありません。将来に渡って潰しが効く資格を身につけておくためにも、資格教室を利用して初任者研修の資格を身につけておいてはいかがでしょうか。初任者研修は、介護の仕事の入り口部分として、食事や入浴の介助など、高齢者をサポートするための基礎的な知識とスキルを習得することを目指すものです。初任者研修の資格を持っていれば、全国の介護施設は勿論、グループホームや個人の居宅なども含め、介護を必要とする高齢者がいる限り、どんな場所でも必要とされる人材となることが出来ます。また、初任者研修のような福祉関連の資格を一度取ってしまえば、それに関連した資格取得を目指す場合の足掛かりにもなりますし、福祉のなんたるかを心得ておけば、その奥深く幅広い世界へと進んでいくための大きな助けにもなってくれます。時代が進み、いくらAIやRPAなどのテクノロジーが発展しようとも、現場で人と触れ合う福祉の仕事は、そう簡単に機械が代役を果たせるものではありません。求められ、必要な人材として活躍するためにも、初任者研修の資格を取得することをオススメします。

仕事や現実で役立つ初任者研修をとろう

ヘルパー2級から介護職員初任者研修へと移行し、現在は介護業界で働きたい方の多くがその取得を目指しています。初任者研修はかなり幅がきく資格でもあり、ヘルパーの仕事が出来るようになるだけではなく、ショートステイや老人ホーム等で介護士として働けるようになったりします。国家資格がないと、基本的に介護士として高齢者の体に触れての介護が出来ない場合もあるので、高齢者の身体介助が入ってくる介護事業所で働きたいなら持っておくと良い資格です。

また、その初任者研修を取得する時に役立ってくれるのが資格教室です。資格教室で介護の勉強を重ねていけば、将来的に取得することが可能になります。最終的に試験に合格する必要はありますが、合格すれば晴れて初任者研修修了者として仕事が出来るようになります。転職活動をする時に、その資格を持っていたほうが介護事業所で採用されやすくなることも多いので、介護業界で働きたい人は、最初にその資格から目指していくのもオススメです。ちなみに、資格教室で初任者研修を受けると、それは将来的に親の介護をする時に役立つこともあります。現実でも役立つ資格ですので、取っておいて損をすることは少ないです。

初任者研修の資格を取得するなら、まずは資格教室を探しましょう。資格教室の【ハクビ】は丁寧に教えてくれるのでおすすめです。

headline

pick up

2020年11月06日
お得に介護職員初任者研修を取得する方法を更新しました。
2020年11月06日
介護業界の入門的資格が介護職員初任者研修を更新しました。
2020年11月06日
初任者研修の資格は比較的短期間で取得できるを更新しました。
2020年11月06日
介護業界で役立つ初任者研修資格を更新しました。